『夕方になると頭皮が臭う…』頭皮のニオイの原因と対策

サロンブログ

ブログをご覧いただいてありがとうございます。

スーパースカルプ堺東店の池田です(‘ω’)ノ

夕方になると、頭皮から嫌なニオイがしてくるなぁ~

と思ったことありませんか?

最近、女性で頭皮のニオイが気になる方が増えています。

自分では、なかなか気付きにくいのですが、

夜になると普段と違うニオイがする・・・

ちょっと、振り向いた瞬間とか、顔を動かした時の残り香が、なんか臭い・・・

『もしかして、わたしの頭皮からニオイが出てる?』

という感じで、なんとなく気付く女性が多いんです。

加齢臭が出ているかもしれないことにショックを受ける女子も多いです。

そこで、女性に多い頭皮が夕方からニオイをする原因と対処法をご紹介します。

頭皮が臭くなる原因

  • シャンプー・リンスの洗い残し

10~20代の女性の多くは、シャンプー・リンスの洗い残し、すすぎが不十分なパターンが多いです。

臭いの元は、頭皮の皮脂が酸化したものと、洗い流せていないシャンプー・リンスの残りの成分がまじり合い、ニオイを発生しているケースです。

皮脂分泌が盛んになり、シャンプー成分と混じって酸化して、ニオイが目立ちやすくなるのです。

この時、香水をしていると、さらにニオイが変な方向にいってしまうので注意しましょう。

頭皮が乾燥していたりすると、皮脂が過剰分泌して、それがニオイの元になったりもするので、頭皮にフケ・かゆみが出ている時も注意が必要です!

  • 加齢臭

女性も加齢臭になる方が増えています。

シャンプーの洗い残しだけでなく、加齢臭も同時に起きていることもあるので注意が必要です。

加齢臭は、皮脂が出やすい、汗が出やすい、肉食・お酒が好きな方に多いです。

女性ホルモンが減少してくると、皮脂分泌が多くなりやすくなります。

30代から女性ホルモンが減ってくる方もいるので、皮脂が出やすい方は注意しましょう。

頭皮の臭いの対策

  • シャンプー・リンスのすすぎをしっかりする

洗いの残しは、すすぎを念入りにすることで、ニオイの原因は減ります。

皮脂をしっかり取ろうとして、シャンプーを何度もしていませんか?

頭皮の皮脂は、健康な状態でも少し出ていて、薄い膜を張って頭皮の外部刺激から守っています。

皮脂がなくなると、身体は頭皮を保護するために皮脂を出します。

そのため、シャンプーをやりすぎて皮脂を取りすぎてしまうとかえって過剰に分泌してしまうのです。

シャンプーは1日1回で、ゴシゴシ頭皮を洗わない。

シャンプーは、頭皮に低刺激のアミノ酸シャンプー・ベタイン系シャンプーを使うと良いですよ。

  • 加齢臭対策石鹸などを使う

加齢臭が気になる方は、1度、加齢臭対策の石鹸などを使ってみてください。

制汗剤も多く発売されていますが、常用し過ぎると皮膚に負担がかかるので、使いすぎないようにすることも大事です。

加齢臭を無理矢理止めるのではなく、根本的な原因から改善させましょう。

皮脂が酸化して、ノネラールという成分が発生することで、ニオイがします。

そこで、毎日キレイにすることで、加齢臭の素が出ないようにしましょう。

お風呂で、ノネラールが分泌する箇所には、

汗・皮脂・古い角質が残らないようにしっかり洗いましょう。

柿渋石鹸などの臭いのもとになる原因を抑える石鹸・ソープを選んでみてください。

気になる部分は、泡パックを1~2分間やると、効果的です。

  • 生活習慣の改善

肉類・スパイス系・辛いものを摂りすぎない

意外と食生活と身体の臭いは密接な関係にあります。

肉類ばかり食べている人と、野菜を多く食べている人の体臭は若干違いがあります。

日本人の場合は、肉類・揚げ物などを沢山食べていると、臭いがきつくなります。

また、スパイスが効いている食材を食べると、汗がたくさんでるので、ニオイを気にしたくない時はあまり食べない方が良いです。

●アルコール類を控える

汗腺の活発をさせる為、飲むとニオイが出やすくなります。

ニオイが出ないようにできるだけ飲まない・飲み過ぎないようにしましょう。

●睡眠をとってストレス減らす

ストレスにより、手汗など、皮脂分泌が盛んになる事があります。

ストレスを減らすに越したことはありませんが、防げないこともあります。

そのため、ストレスを減らすには、睡眠をしっかり取る事が大切です。

睡眠をとることで、お肌の状態もよくなり、ストレスを感じにくくなります。

このようにニオイ対策は難しいものではありません。

少しずつでも意識して行うことで改善されていきますので、嫌な臭いから解放されましょう!!