電話番号: 06-6829-7738

40代からの女性の薄毛の悩みが深刻化するのは何故?

ブログをご覧いただいてありがとうございます!

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

気が付かないうちに進行する女性の薄毛。

40代の女性の薄毛には女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が大きく影響しています。

このエストロゲンは、毛髪を発達させて髪の成長期を持続させる働きがあります。

そのため、エストロゲンが減少すると髪の成長期は短くなり、休止期が長くなってしまいます。

エストロゲンの分泌は28歳ころがピークを迎えるといわれており、その後は年齢を重ねるごとに減少傾向となり、閉経後には副腎から分泌されますが、量は非常に少量となります。

更年期にさしかかる40代は、エストロゲンが減少していくため、髪が痩せたり、1つの毛穴から生える毛の本数が減ったりして全体的にボリュームがなくなって、薄毛になる傾向にあります。

この症状は女性特有の薄毛タイプで「びまん性脱毛症」とよばれています。

他人からはよく見えるのに、自分で確認するのが困難な頭頂部。

いわゆる「つむじ」ですが、女性の薄毛の症状で最も顕著に表れる部分でもあります。

ご自身の今の頭頂部の様子を把握されている方は少ないのではないでしょうか?

合わせ鏡で頭頂部を見てみるか、スマホや携帯などで撮って見てみるのも良いのではないでしょうか?

1か月ごとに記録して変化を確認することで薄毛の進行に早く気付けますし、深刻な状態になる前に対処することで、進行を遅らせることも可能になります。

薄くなってきたかな?と感じたら、客観的に判断してくれる髪の専門家に相談すると安心です。

目次

薄毛の進行を食い止める対処法

40代の女性の薄毛の進行を遅らせるために、生活習慣やヘアケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか?

・十分な睡眠をとる

40代の女性は女性ホルモンの減少のみならず、自分の健康、家庭や仕事の悩みが増えたり、親や自分自身の老後の心配をしたりとストレスが多い年代でもあります。

ストレスから身を守るためには、十分な睡眠が必要不可欠となってきます。

入眠から2~3時間の間隔で成長ホルモンの分泌が促進され、新しい細胞に生まれ変わります。

頭皮では毛母細胞や頭皮の皮膚細胞が生まれ変わって、健康な髪が育成される良好な頭皮環境になります。

規則正しい生活リズムで質の良い十分な睡眠をとることで薄毛の原因を減らし、進行を遅らせることにもつながります。

・シャンプーを見直す

頭皮に合わないシャンプーを使い続けると、頭皮に湿疹ができたり皮脂が多く脂っぽくなったり、フケが出たり・・・と、トラブルの原因になります。

毎日使うシャンプーは、髪と頭皮に優しい低刺激のアミノ酸系のシャンプーを選んでください。

刺激の少ないシャンプーを使って、正しい方法で髪と頭皮を洗うことで、健やかな頭皮はもちろん美しい髪を手に入れることも可能になります。

・頭皮マッサージで血行を促進する

頭皮の血行が滞ると、美しい髪を生み育てる毛母細胞に栄養が届かなくなってしまいます。

1日に数回、簡単にできる顔ヨガやマッサージ、またブラッシングなどをして頭皮の血行を促進しましょう。

・バランスの良い食事

髪の毛はケラチンというタンパク質でできています。

タンパク質をたくさん摂取できて、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品は髪にはもちろん、お肌のためにもオススメです。

タンパク質を体内に取り込むためには、ビタミンも必要です。

髪のためにはビタミンA、B6、Eを積極的に摂取しましょう。

それに、ビタミン同様、髪の健康に良いとされるミネラルも欠かせません。

つまりは、1つのものに偏ることなく、バランスの良い食事を摂ることがベストです。

足りない栄養素をサプリメントで補うのも良いですが、できるだけ食べ物から摂取することを心がけてください。

最後に、育毛剤はいつから使い始めたら良いのか?についてです。

男性が使うイメージが強い育毛剤ですが、近年は女性用も多く登場しています。

抜け毛や薄毛が気になり始めたら使い始めると良いでしょう。

ここで気を付けたいのは正常な自然脱毛を異常だと勘違いしてしまうことです!!

1日100本程度の抜け毛は問題ありませんが、抜け落ちた髪の毛根部分を観察し、状態の悪い抜け毛がないかどうかを見極めてください。

自身の普通の髪より極端に短い髪や細い髪、縮れた髪などは要注意です。

自身で判断が難しい際は、専門家にご相談ください。

スーパースカルプ発毛センター堺東店では、無料カウンセリングを実施中です。

0120-96-7710 (受付時間:10時~17時)

お悩みをご相談ください。

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる