朝食にタンパク質摂ってますか?

サロンブログ

ブログをご覧下さってありがとうございます!

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

最近、運動不足をめっちゃ感じているんですが皆さんはいかがでしょうか。

運動するにあたって筋肉をしっかりつけたいのでタンパク質を補充したいのですが、食べ物だけで摂るとなるとカロリーオーバーやメニューが偏ったりで難しかったりしますよね。

実は、タンパク質って均等に摂ってあげたほうが良いらしいんです!

朝・昼・晩や間食でバランス良く摂取することでタンパク質が体に吸収されやすくなるんです。

でも、時間のない朝食ではあまり摂ることができずに、ゆっくり食べることができる夕食では多くなる傾向があるのではないでしょうか。

しかし、朝こそタンパク質をしっかりと摂取すること大切なんです!

ではでは、ご説明していきますね♪

肉や魚、卵、乳製品、大豆製品といったタンパク質が豊富な食材にはトリプトファンというアミノ酸が入っています。

トリプトファンは、体内で『セロトニン』や『メラトニン』に変換されて、体内時計を調整したり、ストレス緩和などの働きがあるといわれています。

朝にトリプトファンを食べて朝日を浴びることで体内時計がきっちり調節され、夜寝るときに質の良い睡眠がとれて心身ともに疲労回復が期待できます!

朝食にタンパク質をしっかりとることで、トリプトファンをチャージでき、筋肉にも、睡眠にも、心理的にも良い影響があるので皆さんタンパク質を摂りましょう!!

タンパク質が豊富な朝食の例

【和食】

ごはん、焼鮭、味噌汁、ほうれん草のお浸し

( エネルギー420kcal/タンパク質23g/脂質5g/炭水化物66g )

【洋食】

食パン1枚、いちごジャム、ハムエッグ、コールスローサラダ、牛乳

( エネルギー680kal/タンパク質25g/脂質36g/炭水化物60g )

・・・とはいっても、朝から食事に時間をかけられないという人も多いのではないでしょうか?

そんな場合は、手軽に食べられるプロテインバーや飲み物にプロテインをおすすめします(^^♪

市販されているプロテインは、乳製品や大豆などタンパク質を多く含んだ原材料から余分な糖質や脂質を取り除き、必要なビタミンやミネラルを添加した加工食品です。

上手に活用することができれば、健康や美容のための栄養管理をずいぶん楽にすることができます。

女性の方は特に、プロテインを飲んだらムキムキになるのでは?と怯えている方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

そんな簡単にムキムキにはなりません(笑)

女性が体バッキバキになるには体脂肪率は15パーセント(標準値20~29パーセント)を切ってこないと難しいのでそう簡単にはならないですよ!(*^▽^*)

安心してくださいね☆(2回目)

ですが、タンパク質を増やすために毎食プロテインを取り入れるのはあまりおすすめはしません。

なぜなら、運動もしないのにタンパク質を過剰に摂り入れたら、吸収されない余分なタンパク質が脂肪に変換されるので太ってしまうのです😖

健康や美容のためになるプロテインですが、摂り過ぎれば内臓に負担をかけてしまい、吸収されなかった過剰なタンパク質が小腸で悪玉菌のエサとなり腸内環境を悪化させる危険性もあるので、 がぶがぶプロテインを飲むことは 控えましょう!!

最近では、おいしいプロテインもたくさん出ているので、自分にあったプロテインを探すことも楽しいかもしれませんね♪

種類も、 動物性のホエイプロテインやカゼインプロテイン、植物性のソイプロテインなどがあり、特徴や用途に合わせることもいいと思います。

是非、朝食にタンパク質を摂る習慣を身に着けてくださいね(*^^*)