電話番号: 06-6829-7738

乾燥からくるフケ!頭皮ダメージ気になりませんか?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ堺東店の池田です(‘ω’)ノ

最近、紫外線の強いですよね~。

春は、めっちゃ日焼けをしやすい季節なんです!

そして、焼けているってことは皮膚の表面は水分不足になり乾燥しているということなんです。

頭皮は太陽から近いので実は日焼けしちゃう部分なのですが、皆さんご存知でしたか?

なぜか頭皮がかゆい。ヒリヒリする。という方は、頭皮の日焼けかもしれません。

そして、乾燥によりフケが出やすくなる場合もあります。

頭皮の乾燥からくるフケ、気になりますよね!?

毎日、丁寧に頭皮を洗ってもフケが止まらないのは頭皮が乾燥していると考えられます。

酷くなると皮膚炎や抜け毛などになるので注意が必要ですよ😱

フケには、脂漏性のベタベタしたものと乾燥からなる粉のようなフケの2タイプがあります。

今回は乾燥によるフケについてお話していきます。

目次

乾燥によるフケ

乾燥によるフケの特徴は細かいバラバラした状態ですぐに見分けがつきます。

頭皮の皮脂が不足することで起こり、原因は食生活の偏り・ストレス・季節の変わり目・紫外線など外部からの刺激・シャンプーによる皮脂の摂り過ぎなどが考えられます。

フケを気にするあまり、朝晩2回シャンプーするのは全くの逆効果になります。

洗浄力の強いシャンプーで洗うと頭皮の乾燥が進み、さらにフケが増えてしまいます。

頭皮のバリア機能が低下し酷くなると湿疹ができ抜け毛の原因にもなりかねます。

オフィスなどでエアコンが効き過ぎていたり、知らない間に頭皮は乾燥しているのです。

まずは、原因を見つけて排除していくことが大切です。

また、加齢によっても頭皮の乾燥は進みます。30代40代は気づかないうちにドライ肌になっていることもあります。

とくに女性は、年齢と共にエストロゲンという女性ホルモンが減り更年期を迎えるころには、頭皮や肌の乾燥が酷くなります。

皮膚は乾燥するとバリア機能が乱れ、外からの細菌やウイルスに攻撃されやすくなり、皮膚が腫れたり、痒みがでたり・・当然髪の毛成長にも大きく影響します。

髪の毛が伸びるためには、毛乳頭細胞・毛母細胞・表皮幹細胞など

たくさんの細胞の働きにより支えられているので、地肌が水分を失い頭皮が硬くなると血行が悪くなり細胞に栄養が届きません。

頭皮の乾燥対策

シャンプーを見直す

頭皮を乾燥させないために、まずは髪についたシャンプーやリンスなどはしっかり洗い流しましょう。残ってしまうと頭皮のダメージに繋がります。

また、シャンプーは洗浄力の高いものではなく、頭皮に優しいものを選びましょう。

オススメは、アミノ酸系シャンプーです。

フケは汚れているわけではないので、ゴシゴシ洗ったり、洗浄成分が強い物を選んでしまうと逆効果です。

フケは、ダメージを受けて悪化した皮膚を修復しようとして頭皮の新陳代謝が崩れ、本来剥がれ落ちないはずの頭皮が落ちてしまっているだけなのです。

そして、洗った後は必ずドライヤーで乾かして菌の繁殖を防ぎましょう!

保湿をする

保湿の方法として頭皮用のローションやオイルを使うのも効果的です。

頭皮の保湿効果や毛穴の汚れを落とす事ができます。

同時にマッサージを行うと頭皮の血行をよくして抜け毛の予防、ハリ・ツヤのある髪になります。

  • 頭皮用ローション

シャンプーの後にタオルドライをした頭皮になじませてから、ドライヤーをすることでドライヤーの熱から頭皮を守る役割もあります。

たっぷりと使用することで頭皮にきちんと水分が浸透し、乾燥をふせぎます。

  • オイル

頭皮用ローションと同じように使うこともできますが、オイルはシャンプー前に使用すると頭皮の汚れを落とす効果もあります。

使用方法

乾いた頭皮にオイルを塗り、蒸しタオルで頭皮を包み熱でオイルをなじませます。

そのまま1~2分蒸らし頭皮全体を指の腹で優しくマッサージしましょう。

もう一度、蒸しタオルで10分ほど置いてオイルを髪や地肌に浸透させ

キレイに洗い流し、いつも通りシャンプーをしましょう。

乾燥によるフケは、原因を理解しキチンと対策をすることで改善されるものです。

そして、フケが出るということは頭皮にダメージがある状態なので発毛には良くない状態です。

薄毛・抜け毛にも繋がってしまうので、改善を目指しましょう!!

原因が分からない場合は、専門家にご相談ください。

スーパースカルプにてお待ちしております。

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる