電話番号: 06-6829-7738

【コロナで急増!!マスクによる体の不調】マスクと薄毛の関係

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

コロナ禍になり二回目の夏になりましたがマスク辛いですよね。

最近では、『マスク頭痛』と呼ばれる頭痛が増えていることもあり、マスクによる不調が蔓延しています。

マスク不調は薄毛に影響していたりするんです!

目次

マスク不調

マスクをつけることによる不調です。コロナ禍のマスク生活の中では、無視することが出来ない内容ですね!

マスク頭痛

マスクを着用していると、体温が36.0℃だったとしても、マスクの内側は40.0℃以上のサウナ状態になってしまっています。

マスクの中の吸気を吸ってしまうことで二酸化炭素をたくさん取り込んでしまい、脳が二酸化炭素過多の状態になってしまいます。

二酸化炭素は頭蓋内の血管を最も強く拡張させる化学的因子で、この拡張が血管を取りまく三叉神経を刺激してしまい、痛みのもととなる物質を放出します。

これが脳に伝わり「マスク頭痛」が引き起こされるのです。

気温の上昇も影響する!

気温が上がると息苦しくなり呼吸数も上がるため、二酸化炭素を吸い込む割合が増えてしまいます。

さらに、外気温が高くなればなるほどマスク内の温度も上がるため、熱中症にも気を付けないといけないです。

呼吸が浅くなる

マスクをつけることにより鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸になります。

口呼吸は実は酸素をそんなに取り込むことが出来ません。

そのためたくさん酸素を取り込むために呼吸を細かく行ってしまい、呼吸が浅くなり酸素不足になっているのです。

マスク不調が薄毛の原因に!?

一見関係ないようですが、実はマスク不調が薄毛を促進させているかもしれません!!

どんなことが薄毛の原因になっているかお伝えしていきますね。

酸素不足になっている

髪の毛には、酸素と栄養が必須です!

ですが、髪に酸素や栄養が送られるのは一番最後なんです。

生命維持が一番大切なので、吸収する酸素が少なかったら髪にまでいかず、薄毛が進行してしまうのです😱

水分不足になっている

マスク熱中症になってしまう人がいるほど、身体に熱がこもったり水分不足になっているのです。

マスクをしていると水分補給を忘れがちですが、身体の約60~70%は水分なので、夏場は脱水になりやすいです。

脱水症状は熱中症などの原因にもなりますが、育毛に必要な成分も大半はタンパク質と水なので脱水状態になると必然的に抜け毛は増えやすくなってしまいます。

血液がドロドロしてしまい血行が悪くなり頭皮環境も悪くなります。

マスク不調対策

マスク不調を起こさないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

マスクを外す

マスクを着けないで出かけることは難しいですが、人との距離を十分に保ち、感染の心配のない屋外などでは、1時間に1分でもよいのでマスクを外すようにしましょう。

その際、 深呼吸をすると、かえって頭痛がひどくなることもあるため深呼吸ではなく通常の呼吸をしましょう。

日傘をさす

屋外では日傘をさすのもよい対策です。

直射日光を浴びないので頭部や顔面の温度も比較的上がりにくく、マスク内の温度の上昇を緩和できます。

糖分を摂る

マスク頭痛に効果的なのは、ブドウ糖を含んだあめをなめたり、糖分の多い飲料を飲んだりすることです。

拡張した血管がブドウ糖で収縮するため、頭痛を防ぐことができるのです。

同じ糖分でもチョコレートは血管を広げる作用があるためNGです。

また、カフェインやアルコールも更に頭痛を悪化させる可能性があるためNGです。

どんなことが薄毛に繋がるか分からないですよね?

そんな時は専門家に相談してみるのはいかがでしょうか?

スーパースカルプ発毛センター堺東店でも無料相談を実施中です。

無料カウンセリング 06-6829-7738(10時~19時)

#堺東 #南大阪 #発毛サロン #スーパースカルプ発毛センター #マスク #マスク頭痛 #呼吸 #酸素不足 #二酸化炭素 #南海線 #薄毛 #抜け毛 #皮脂 #毛穴 #頭皮環境 #血流 #AGA #無料カウンセリング  #マスク生活

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる