電話番号: 06-6829-7738

髪は何でできているか知っていますか?その名は『ケラチン』です!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

今回は今更なんですが髪の毛は何でできているか。お伝えしていこうと思っております。

目次

髪を作っている『ケラチン』って何?

ケラチンは、18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質の総称。そして、髪の毛を形作る大切なタンパク質!です!

髪のほとんどは「ケラチンタンパク質」と呼ばれるタンパク質でできており、ケラチンが不足してしまいますと髪の調子が悪くなります。

ケラチンは弾力性があり、水分を含む繊維状の細長いタンパク質となっています。また、ケラチンは絹や繊維など他のタンパク質にはほとんど含まれない“シスチン”を約14~18%も含むことを特徴としています。

ケラチンタンパク質は実は硫黄の成分もあります。

ヘアアイロンなどで髪の毛を焦がしてしまったりしたことがある方もいると思いますが、焦げた時に硫黄のような匂いがするのが実はこのケラチンに含まれる硫黄が原因です。

髪の成分

髪に含まれている成分はタンパク質が80~90%!その他は水分、脂質、メラニン等でできています。

その中のタンパク質の約90%はケラチンタンパク質が占めているので、ケラチンタンパク質は髪の毛で一番大事な成分なのです!

ケラチンが不足するとどうなる?

髪の艶がなくなる

髪の主成分であるケラチンが不足していると、ハリやコシがなくなるなど髪の調子が悪くなってしまいがちです。

髪のツヤがなくなってしまうだけでなく、髪の成長も遅くなって伸びにくくなります。

普段から髪のパサつきや枝毛、切れ毛に悩まされている人は、ケラチン不足が原因かもしれませんよ!

また、ケラチンを合成する必須アミノ酸も不足していることで、髪だけでなく爪が乾燥して割れやすいなどの体全体に悪影響が出る場合もあります。

髪が細くなる

髪が細くなることの原因には、遺伝や自然現象、ストレスなどの影響も考えられますが、ケラチン不足も大きな要因のひとつです。

髪の主成分が足りていないと、髪が作り出されるスピードが遅くなり、髪が弱ったり細くなったりするだけでなく、新しく髪が作られなくなってしまい薄毛にもつながります。

髪に栄養を行き渡らせるためには、ケラチンを積極的に摂取しましょう。

髪がうねる

普段から髪がまとまりにくい、広がりやすいという悩みを持っている人も多いのではないでしょうか?

実は、これもケラチン不足が原因なのです!!

ダメージによってキューティクルが剥がれると、髪の内部にあるコルテックスという部分がむき出しの状態になってしまいます。傷んで断面が歪んだコルテックスが水分を吸うと、不均一に膨張してしまい、うねることがあるのです。

ケラチン不足を解消するには?

トリートメントを使う

ケラチンタンパク質やアミノ酸誘導体を補給するタイプのトリートメントを使うことも有効です。

髪の外側からキューティクルを保護するためにケラチン配合のトリートメントでケアしてみるといいでしょう。

食事で補う

ケラチンはケール、ブロッコリー、玉ねぎ、青ねぎ、にんにく、レバー、魚、ヨーグルト、低脂肪乳などに多く含まれています。

赤身肉や鳥肉、卵、低脂肪の乳製品の高たんぱくな食品もオススメです。

また、体はケラチンを生成するのにビタミンCを必要とするため、ビタミンCの豊富な生の野菜や果物も食事に取り入れると良いでしょう!

サプリメントで補う

食事で補いきれない場合は、サプリメントを飲むことも有効です!

ケラチンの成分が入ったサプリメントは今はたくさんあるので色々と厳選してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ケラチンは髪を作るのに大切な成分です!

さらに、ケラチンは髪だけでなく爪や皮膚の角質層を形成する成分なので、不足してしまうと体全体に不調が出てしまいます。

不足しないよう外からも内からもケアすることが必要です。

スーパースカルプ堺東店lAGAクリニックや薬での治療以外の発毛施術で人気向上中 (unt.bz)

#堺東 #南大阪 #発毛サロン #スーパースカルプ発毛センター #亜鉛 #サプリメント #ケラチン #南海線 #薄毛 #抜け毛 #皮脂 #毛穴 #頭皮環境 #血流 #AGA #無料カウンセリング 

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる