電話番号: 06-6829-7738

夏の頭皮は危険にさらされている!!塩素で薄毛が進行する!?

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

夏も本番!海やプールで夏を楽しむ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日焼けだけではなく塩素も髪や頭皮にダメージを与えているんです。

実は身近にたくさん存在する『塩素』について今回はお話していきますね。

目次

塩素を入れる理由

どうして水に塩素を入れるのでしょうか?

それは、水を『殺菌・消毒』するためです。

遊泳プールなどの不特定多数の人が利用する施設では、感染症予防や水質維持を目的として、条例により定められた塩素濃度にすることが義務付けられています。

適切な塩素濃度になっていない場合、汚染された水や病原微生物を含んだ水を飲んだり、触れたりすることで感染症にかかってしまうことがあるのです。

そして、プールだけでなく水道水にも塩素は含まれています。

清潔な水を家庭に届けるために、法律で 0.1mg/L以上 の濃度を保つよう決められているのです。

遊泳用プールの塩素濃度の基準は、0.4mg/L~1.0mg/L

家庭の水道水の塩素濃度は、0.1mg/L~0.4mg/L

主要都市や浄水場の近くでは、 1.0mg/L~1.5mg/L という高い数値が測定されたこともあるようで、ほぼプールの水を飲んだり浴びたりしているみたいなものです😱

塩素の影響

塩素は殺菌効果が高いことや肌を乾燥させる作用があります。

頭皮が乾燥するとバリア機能が失われて頭皮環境が悪くなってしまうので、これが薄毛の原因になる可能性があります。

また、髪を酸化させる作用もあるため、髪が傷み、キューティクルが溶け出し、髪の脱色がおこります。それだけでなく、髪が傷むため、艶やコシがなくなってしまうのです。

塩素が髪や頭皮に与える影響は大きいのです。

シャワーヘッドで塩素対策

毎日のシャンプーの時のシャワーに含まれる塩素を除去することで髪や頭皮のケアができます。

頭皮には「常在菌」が存在しており、頭皮を保護しているのですが、シャワー時の塩素の殺菌作用によって、頭皮の常在菌をも死滅させてしまう可能性があります。

常在菌が少なくなると、雑菌によって頭皮の炎症を招いたり、抜け毛の原因になることも!!

そのため、浄水機能が付いたシャワーヘッドに替えることをオススメします。

塩素除去機能のついたシャワーヘッドはたくさん売られているので、色々と探してみるのも良いのではないでしょうか。

主な『ろ材』は3種類あり、その中で塩素除去力やランニングコスト、使い勝手の良さで選ぶと良いでしょう。

  • 活性炭:ランニングコストが安価な反面、水圧を低下させやすい。
  • L-アスコルビン酸:塩素との反応速度が非常に早く、自然由来成分。ろ材の寿命は短め。
  • 亜硫酸カルシウム:水圧をキープできる一方、ランニングコストは高め。

塩素除去シャワーヘッドの効果

シャワーヘッドを替えることでどのような効果実感ができるのでしょうか?

個人差はあると思いますが、

  • 髪の傷み、パサつきの軽減
  • 頭皮の乾燥、フケ・かゆみの軽減
  • 髪質が柔らかくなり、艶やコシが出る
  • 肌荒れ、乾燥の軽減
  • アトピーによるかゆみ・赤みなど 症状の軽減

などが挙げられます。

かゆみや乾燥は、頭皮が炎症を起こし毛細血管に栄養がいきにくくなり、薄毛の原因になります。

それらが改善されると、抜け毛・薄毛対策になるのです。

『塩素』から髪と頭皮を守るためにシャワーヘッドを替えるということも大切かもしれませんね♪

スーパースカルプでは、お試し発毛体験を6,600円で実施中です。

髪の悩み・頭皮の悩みを発毛技能士にご相談ください。

スーパースカルプ堺東店lAGAクリニックや薬での治療以外の発毛施術で人気向上中 (unt.bz)

#堺東 #南大阪 #発毛サロン #スーパースカルプ発毛センター #南海線 #薄毛 #抜け毛 #皮脂 #毛穴 #頭皮環境 #血流 #AGA #無料カウンセリング  #シャワーヘッド #塩素 #お試し体験

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる