電話番号: 06-6829-7738

高校生や大学生が悩む。『若年性の薄毛』原因と対策

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店の池田です(‘ω’)ノ

10代20代だけど、薄毛で悩んでいる人が最近増えているんです。

「何となく髪にハリコシが無くなった。」「スタイリングしにくくなった。」など

薄毛の予兆が出ている人もいるのではないでしょうか?

今回は若者の薄毛についてお話していきましょう。

目次

若者の薄毛が増加傾向である

脱毛症といえば50代以降の男性に多いと思われていましたが、近年もっと若い年齢で発症するケースが増えています。

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、20代~30代で起こる若年性脱毛症と、40代~50代で起こる壮年性脱毛症に分けられます。額の生え際や頭頂部、またはその両方が薄くなっていき、放置すると薄毛の範囲が広がることが特徴です。

そして、若年性脱毛症は年々増えており、上は30代前半、若くて10代で発症する可能性もあります。

ある機関の調査では、『脱毛が進んでいると感じる』という質問に対して、 10代~30代の男性の4割近くが 『はい』と答えました。

若年性脱毛症の悩みの度合いは、「加齢による薄毛」の比ではありません。

周りの友人はフサフサなのに自分だけが薄くなってしまうのは、精神的に辛くストレスになり、それが薄毛の原因になってしまうかもしれません。

若年性脱毛症になる原因

AGAの発症

思春期~20代は、成長ホルモンの分泌が盛んな時期でもあり、男性ホルモンの分泌が多くなります。

男性ホルモンのテストステロンは、健康な身体を保つために欠かせませんが、AGAを引き起こすホルモン物質を作成してしまう場合があるのです。

男性ホルモンの「テストステロン」が頭皮にある「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、AGAを引き起こす「ジヒドロテストステロン」へと変化し、この物質がAGAを進行させてしまうのです。

ストレス

ストレスは、自律神経やホルモンバランスを乱し、血管の収縮を引き起こしやすくしてしまいます。

血管が収縮すると、血流が低下して髪に必要な栄養が頭皮へと届きにくくなるため、髪の成長が正常に行われなくなってしまいます。

ストレスは、精神的負担や環境などさまざまな要因で感じることがあります。

強いストレスを感じることが増えたり、ストレスを発散させることができなかったりする場合は、薄毛や抜け毛に何らかの影響を及ぼしてしまう可能性があります。

生活習慣の乱れ

不規則な生活リズムや睡眠不足、偏食による栄養不足、運動不足、喫煙、過度なアルコール摂取などという生活習慣の乱れは若年性脱毛症の進行を早めます。

髪の成長に支障をきたし、薄毛のリスクを高めてしまいます。

睡眠不足は髪の成長に必要なホルモン分泌に支障をきたし、健康な髪の成長を阻害してしまいます。

睡眠中には髪を成長させる「成長ホルモン」が分泌されるため、睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌が正常に行われず、薄毛の進行を早めてしまう可能性があります。

食事も好きなだけ食べるなどの偏食は良くありません。タンパク質のもとであるアミノ酸のうち、9種類は体内で生成することができないため、普段の食事から摂取するしかありません。さらに育毛にとても大切な栄養素である亜鉛も食事からの摂取が必要なので、偏食は薄毛や抜け毛の要因といえます。

喫煙は、ニコチンによる影響で血管が収縮してしまい血流が低下するため、髪に栄養が送られず薄毛が進行する可能性があります。

頭皮環境の悪化

整髪料を付けたままの就寝、過剰なカラーリングやパーマ、あるいは間違った方法でのシャンプーが頭皮の状態を悪化させ、薄毛・抜け毛を招くこともあります。

オシャレのためや身だしなみのためにしていることが頭皮に大きなダメージを与えている場合があるのです。

若年性脱毛症の対策

ストレス解消

ストレスを溜めないように趣味に没頭したり、リラックスすることはとても大切です。

ストレスは、大人だけの問題ではありません。ストレスを解消することで体にも心にも良い働きが起こるのです。

生活習慣の改善

偏った食生活が常習化すると髪の毛の栄養が不足してしまい、たとえ頭皮が若くても髪の毛が成長できずに抜けやすくなります。そのため、髪の毛の主成分であるタンパク質を中心に、ビタミン亜鉛などのミネラルを積極的に取り入れ、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。

そして、最近はスマホやパソコンを夜中まで使用している若い人が多いですが、頭皮環境を悪化させる要因の1つになってしまい睡眠の質が下がってしまいます。

睡眠の質を上げるために、朝日を浴びたり、入浴をして体を温めたり、就寝の1時間前にはスマホやパソコン・テレビを見ないといったことを意識すると良いでしょう。

日常的に運動を取り入れることや入浴習慣をつけることで血液循環が良くなります。

正しいヘアケア

シャンプーは1日1回にしてください。過度な洗髪は、ウィルスや雑菌の侵入を防ぐ役割がある皮脂を洗い流してしまうことになります。また、皮脂がない状態が続くと、体は皮脂が足りないと思い、皮脂を過剰に分泌するようになります。

シャンプーのやり方も思い切りゴシゴシと洗うのは頭皮にも髪にも悪影響なので正しい髪の洗い方を心がけましょう。

抜け毛の恐怖!シャンプーするとこんなに髪が抜けるなんて!? | 【公式】スーパースカルプ発毛センター堺東店 (unt.bz)

このブログでも何度か正しい髪の洗い方を上げていますので参考にしてみてください!

それと、育毛剤の使用をして頭皮に栄養を与えることも大切です。

まとめ

10代でも薄毛に悩まれている方は多くいらっしゃいますが、クリニックで処方されるAGA治療薬は未成年では使用できません。

そのため、対策は上記に書いたようなことが中心となってきます。

薄毛は発症した期間が長いほど治療にも時間がかかるため、若いうちに早期発見・早期対処することがオススメです!

若いうちは生活習慣や頭皮改善をするだけでも効果的なので諦めずに今できることから始めてみましょう!

まだ、心配で不安な方は一度、薄毛の専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

スーパースカルプでは、お薬に頼らない発毛に力を入れております。

スーパースカルプ堺東店lAGAクリニックや薬での治療以外の発毛施術で人気向上中 (unt.bz)

あなたのお悩みをお聞かせください。

#堺東 #南大阪 #発毛サロン #スーパースカルプ発毛センター #薄毛の症状 #南海線 #薄毛 #抜け毛 #皮脂 #毛穴 #頭皮環境 #血流 #AGA #FAGA #脱毛症 #無料カウンセリング #若年性脱毛症 #若ハゲ

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる