初回限定6,600円お試し体験

今日は節分!!薄毛対策に大豆を食べよう!!

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店発毛技能士の池田です。

本日は節分ですね!!今年の恵方は『北北西微北』という、何とも難しい方角です。

節分と言えば、恵方巻・いわし・大豆ですよね。

今回は、発毛食材でもある大豆を食べましょう!という、お話です。

目次

節分にどうして豆を食べるの?

節分に豆まきをする理由は、古代の中国の「追儺」と呼ばれる行事が由来しているのだそうです。

日本には、邪気を払うために節分に行われていた「豆打ち」という行事とあったそうなのですが、これが 「追儺」 という行事とが合わさり、 病気や災害を引き起こす鬼を退治するために大豆をまくようになったとされています。

豆には霊力が宿るとされており、この力で鬼を追い払っていました。

また、豆を食べることで、エネルギーを補充して健康に生活できるようにという願いが込められています。

節分の豆は、地域によっては、大豆や落花生を食べたり、歳の数だけ食べたりする習慣があります。

大豆は発毛食材です!!

大豆には大豆イソフラボンが含まれており、この大豆イソフラボンは女性ホルモンに含まれるエストロゲンと科学構造が似ていることから植物性エストロゲンとも呼ばれています。

大豆イソフラボンは摂取したときに、体内に存在する腸内細菌の力によって『エクオール』という成分が生まれ、このエクオールが女性ホルモンに似た働きをすることで、薄毛に対して良い効果をもたらしているのです!

エクオールの効果

5αリダクターゼを抑制

抜け毛や薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)は、5αリダクターゼと男性ホルモンテストステロンが結合して生まれます。

エクオールは抜け毛の原因となる5αリダクターゼを抑制することで、ジヒドロテストステロンの生成が減り、抜け毛や薄毛が抑えられるのです。

皮脂の分泌を抑える

エクオールは女性ホルモンに似た働きをして、男性ホルモンを抑制するため皮脂の分泌を抑えられて、頭皮の環境を清潔に保つことができます。

髪の毛を太くする

エクオールはコラーゲンを生成する働きがあります。

コラーゲンはタンパク質の一種で体の約30%を占めており、皮膚の土台となる真皮と呼ばれる皮膚の約70%はコラーゲンでできていると言われています。

コラーゲンは肌にハリを与えると共に乾燥を防ぐ効果があるため、コラーゲンの生成が多ければ頭皮環境が改善され強く太い髪を作り、更には抜け毛や薄毛を防ぐ効果があるのです。

節分の豆を使った美味しいごはん

  • イワシと福豆の炊き込みご飯

節分に縁がある食材である、イワシと大豆を使った炊き込みご飯です。

イワシと大豆を炊飯器で炊くだけ!!

  • たっぷり福豆のカレー

大豆をたっぷりと使った豆カレーです。合いびき肉、大豆、玉ねぎ、にんじんなど具をたっぷり入れることで、満足感と栄養もアップします。

まとめ

こういった季節の行事にも発毛食材はあります。

毎日、食事を摂る際に少し意識するだけで、薄毛改善のための食生活ができるのではないでしょうか?

逆に食べたらあかんものに注意することも大切です!

YouTubeでも紹介しているので是非ご覧ください!

こちら👇👇👇

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次