初回限定6,600円お試し体験

コーヒーで薄毛進行!?飲みすぎ注意な理由

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店、発毛技能士の池田です。

皆さんは普段どれくらい水分を摂っていますか?

こう聞かれたときに、「水はあまり飲まないけど、コーヒーは10杯近く飲むからそれで1.5ℓくらいかな(*^-^*)」とおっしゃる方がいます。

確かに、コーヒーも水分なのですが、実はコーヒーの飲み過ぎは薄毛を進行させてしまう恐れがあるのです…

今回は、そんなコーヒーについてお話していきますね。

目次

コーヒーの効果

コーヒーには日々の生活でメリットになることもあればデメリットになることもあり、それを理解した上でコーヒーを飲むことで日々の生活の質を向上させてより健康に過ごすことができます。

コーヒーのメリットとデメリットに関しては、専門家の方々の主張が異なることがあるので断言はできないのですが、今回はその中でもよく言われていることを挙げていきます。

メリット

  • 脂肪燃焼効果があり、ダイエットに効果的
  • 抗酸化作用があるためアンチエイジングに良い
  • 血行促進効果がある
  • コーヒーの香りにリラックス効果がある
  • 脳の覚醒効果がある
  • 消化液が分泌され、消化を助ける効果がある
  • 肝臓や大腸がんのリスクが下がる

このようにダイエットアンチエイジング効果だけでなく、リラックス効果や自律神経バランスの向上など、心にも優しい効果的なメリットがあります。

デメリット

  • タンニンが鉄分の吸収が妨げるため貧血を起こしやすくなる
  • 利尿作用により脱水状態になる
  • 胃潰瘍や胃炎を引き起こす可能性がある
  • めまい、興奮、吐き気などの状態が起こる
  • 妊婦が飲むと胎児に影響が出る可能性がある
  • 睡眠の質を低下させる

コーヒーに含まれる「カフェイン」は中毒を起こし、体にマイナスの効果を与える危険もあるのです!

コーヒーの主な成分

カフェイン

コーヒーの成分の中で一番有名ですよね。日本食品標準成分表によると、100mlあたりのブラックコーヒーには60mgのカフェインが含まれています。

カフェインには、覚醒作用、脂肪燃焼を高める効果、頭痛の緩和効果といった良い効果もありますが、逆に利尿作用による脱水睡眠の質の低下といった悪い面も持ち合わせているのです。

ポリフェノール(クロロゲン酸)

ワインやチョコレートに含まれていることで知られるポリフェノールですが、コーヒーに含まれているのはクロロゲン酸というポリフェノールです。

コーヒー1杯には約280mgのクロロゲン酸が含まれていて、実は赤ワインのポリフェノール含有量とほぼ同じです。

ポリフェノールには、抗酸化作用、抗ウィルス作用、抗がん作用があるとされています。抗酸化作用は、体のサビである活性酸素を除去するため、新陳代謝が活発化し、肌も綺麗になります。

また、ポリフェノールには、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす役割があるため、継続して摂取することで、生活習慣病を防ぐ効果があります。

タンニン

タンニンは、コーヒー1杯100mlあたり110㎎も入っています。これは他の飲料に比べて、圧倒的に多いです。

コーヒーを飲むと貧血や便秘になるといわれる原因は、タンニンの性質が大きく関係していると言われています。

しかし、悪い効果だけでなく、きちんと良い効果もあるのです。タンニンは、美肌・美白効果、老化防止効果があると言われています。

薄毛リスクを上げる理由

こんなに良い成分が入っているのにどうして薄毛リスクが上がるのでしょうか?

カフェインの過剰摂取によるリスク

カフェインには覚醒作用があるため、飲む時間によっては睡眠の妨げになります。

寝不足は、成長ホルモンの分泌の減少にもつながり、髪が十分に成長をしなくなってしまいます。

さらに、カフェインによる利尿作用で脱水状態になってしまうと、頭皮環境が悪くなり健康な髪の毛が生えにくい状態になってしまうのです。

また、カフェインは、「アデノシン」という発毛促進因子を生み出し、発毛を促す物質の働きを弱めてしまいます。カフェインによりアデノシンが抑制されると、発毛も少なくなり薄毛が進行してしまうのです。

タンニンによるリスク

コーヒーに含まれるタンニンは「亜鉛」の吸収を阻害します。亜鉛は、育毛には欠かせない成分の一つです。

亜鉛は元々吸収しづらい栄養素でもあるので、コーヒーを飲むことでさらに吸収率が悪くなってしまうのです。

亜鉛はミネラルの1つで、タンパク質の代謝を助けて髪の毛の成長を促す働きがあります。

しかし、タンニンにより亜鉛が不足してしまうと、髪の毛が成長しにくくなって抜け毛や薄毛が進んでしまうのです。

他にも、タンニンは鉄分の吸収を阻害する効果があるため、貧血のリスクも上がってしまいます。

貧血になってしまうと髪へ十分な栄養が届けられないため、細く弱った髪になってしまうのです。

まとめ

コーヒーは、悪いという訳ではありません!むしろ、メリットも豊富にあるため摂り入れてほしいものでもあります。

コーヒーによる効果・効能にはカフェインやポリフェノールが大きく関わっており、それらの作用によってさまざまな健康効果や発毛効果が期待できます。

ただし、カフェインの摂りすぎによる弊害などのデメリットもあるため、そこはご理解ください!

一日で2~3杯程度なら、健康にも影響は出ませんので、飲むタイミングなどに気を付けてコーヒータイムを楽しんでください(*^-^*)

スーパースカルプ発毛センター堺東店ではお試し体験を実施中です。

堺東で発毛するならこちら👇👇👇

スーパースカルプ堺東店lAGAクリニックや薬での治療以外の発毛施術で人気向上中 (unt.bz)

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる