初回限定6,600円お試し体験

ミネラル不足は薄毛の天敵

ブログをご覧いただきありがとうございます。

スーパースカルプ発毛センター堺東店の発毛技能士、松野です(*’ω’*)

皆さんは日ごろからミネラルを意識していますか?

健康的な体はもちろん、強く元気な髪を育てるためには、必要な栄養素をきちんと摂取することが不可欠です!

分かっているんだけど見逃しがちで、不足がちなのがミネラルです。

そもそもミネラルって一体どんな働きがあるのか?

言葉では知っていても、実はご存知ない方も多くいらっしゃいます。

今日は健康的な体や髪のためにとっても大切な、ミネラルについてご紹介していきます!

目次

ミネラルって何

ミネラルは5大栄養素(タンパク質・脂肪・炭水化物・ビタミン・ミネラル)のひとつで、人間が生きていくために必要なエネルギーを生み出したり、筋肉や血液などをつくり出したり、体内で起こるさまざまな反応をスムーズにするために欠かせない物です。

ミネラルには、カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛・鉄など16種類ありますが、カルシウムやナトリウムなどの1日におよそ100㎎以上摂取しなければいけない『多量ミネラル』亜鉛や鉄など1日の摂取量が100㎎以下でも大丈夫な『微量ミネラル』があります。

髪に必要なミネラル

多量ミネラルの摂取はもちろんのこと、女性に嬉しいアンチエイジングや、健康的な髪のためには微量ミネラルこそが不可欠だと、近年では注目されています。

お肌の悩みに加えて、薄毛や抜け毛などのお悩みを抱える女性も増加しています。

微量ミネラルを含む食材としては、肉や魚などの植物性タンパク質食品、海苔やわかめなどの海藻類、それに加えて海水から生成される天然塩があります。

薄毛や白髪など髪のトラブルを抱えている方は「髪の悩みは、わかめを食べると良い」みたいなことを耳にした経験をお持ちの方もいると思いますが、強ち間違ってはいないようですね。

注目すべきミネラル

微量ミネラルの中でも、美容に関わっていると私たちが考えるのはケイ素です。

耳慣れない言葉かもしれませんが、シリカと言い直せばピンとくるでしょうか。

実はこのケイ素、「美のミネラル」と異名を持つほどに美容効果に期待がもたれて注目を集めています。

ケイ素の働き

  • お肌や血管の弾力キープ

ケイ素は私たちの身体の中にも多く存在しています。

爪や髪、皮膚、骨などあらゆる部分にケイ素が含まれていて、摂取することでどんどん丈夫にしていきます。

そしてコラーゲンの生成にも関与しているため、ハリと弾力のあるお肌に導いてくれます。

血管の弾力性も保つので、動脈硬化の予防にも期待が持てると考えられています。

  • デトックス効果

日常生活の中で知らず知らずに蓄積する重金属などの有害物質。

人間の体は尿や便、汗などで体内の有害物質を排出する機能がありますが、不規則な生活習慣やストレスなどによって、代謝機能が衰えて上手に排出できないケースがあります。

毛穴も立派な排泄器官であるため、行き場を失った重金属の排出器官として頭皮の毛穴が使われることがあり、それが抜け毛につながるという説もあります。

ケイ素は滞留した有害物質を排出するというデトックス効果に非常に優れています。

  • 抗酸化作用

老化の大敵である「体のサビ」いわゆる酸化。

紫外線を浴びるだけで引き起こされてしまうと言われています。

ケイ素のことを少し調べると出てくる画像に、サビたクギとそうでない物の比較が出てきます。

これはケイ素の持つ抗酸化作用を実証したもので、ケイ素を少量入れた水と、何も入れていない水の中にクギを入れて経過を見たものです。

ケイ素の入った容器の中は水が濁ることなく、もちろんクギもサビていません。

同じようなことが体内で起こっているとしたら恐ろしいですよね。

単純な私などは、絶対にケイ素を取り入れなきゃ!と思ってしまいます。

摂取方法

こんなに素晴らしい美容効果のあるケイ素。

実は残念ながら体内で生成することができない成分なのです。

さらには体内に貯蔵されているケイ素は20歳をピークに少しずつ減少してしまい、40代を迎えるころには生まれた時に比べて半分以下にまで少なくなってしまいます。

ケイ素は外から摂取するしかありません。

成分としてケイ素が多く含まれるのが、根菜類や玄米、オートミールに含まれるオーツ麦や大麦などですが、水に溶けていないと体に吸収できないという問題もあり、必要量を摂り入れるのがなかな困難でもあります。

そういった方にお勧めなのが水溶性のケイ素濃縮溶液です。

私たちのサロンでも取り扱いがありますが、毎日10㎎程度を摂取するだけで良いという手軽さ。

飲料水に混ぜて飲んでいただくのがスタンダードですが、加熱による変性もないので、お料理に使っていただいても問題ありません。

まとめ

私たちが毎日食べているもの、調理の際に加工する工程が多ければ多いほどミネラルは失われてきます。

そして、食品添加物の中にはミネラルの吸収を阻害するようなものもあるため、インスタント食品やスナック菓子、人工甘味料が使われた飲み物などを口にする機会が多い方は、体内のミネラルが不足しています。

忙しい皆さんが、育毛や発毛に取り組まれるならミネラルの摂取は不可欠です。

ミネラルウォーター1つ選ぶ時にも、ミネラルの量を確認して選んでくださいね。

初回のみ!限定体験実施中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次